teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


コーチ連絡板

 投稿者:団長  投稿日:2011年 1月10日(月)22時23分0秒
  コーチ連絡板で批判めいた内容の書き込みは止めて下さい。
言いたいことがあればコーチ会議で直接話して下さい。
モチベーションを上げる内容の書き込みをお願いします。
 
 

色々な試合

 投稿者:自分に甘い人  投稿日:2010年12月 7日(火)01時07分36秒
  バカボンドさんは、自分にとっても甘く他には非常に厳しいのが判ってないみたい。 素直に子供達が出した結果を喜べないの?子供達が可哀想。
自分が何処まで出来たの? プロ?解説者なの?
結果論なんか誰にでも言えると思うけどね?
それだけ書けるならまず自分の査定をしてみれば?何点?
普通に見て結果を素直に喜べない所がおもろいね。妬み以外何でもない。
4,5年のコーチ可哀想。自分が結果を出してから言えば。最近柳橋ボロボロだね
 

5年リーグ

 投稿者:バガボンドメール  投稿日:2010年12月 3日(金)21時58分25秒
  決勝戦の大野原との戦いは、相手の戦術になすすべも無く後半15分まで進み相手としては優勝の文字がみえた時間に失点をしたのが痛かったと思います。試合内容は相手チームの勢いにFWが簡単にボールを取られそのままDFの裏に蹴られおたおたしている場面が多くみられました、ボールを蹴られてもそれをはじき返し、ボールをキープする力がまだまだ不足(ボールをもてない)、春に比べ力が接近しているのが実感です。どちらが勝ってもおかしくない試合内容に先行きが怪しくなったのが実感。DFのポジションのしかたや、基本がまだ身についていない気がします。8人制大会で来年の全国大会の結果が殆ど予測されます。良い結果を得られるよう頑張りましょう  

4年招待杯

 投稿者:バガボンドメール  投稿日:2010年11月24日(水)21時59分13秒
  試合で勝てるのは市内のチームだけだと思っていましたが、久し振りに市外のチームと勝った試合を観ました。決勝戦の試合とは比較になりませんが、それでも技術だけではなく多少気持ちが(ホームでもあり)入っていたかなーと感じました。とにかく市外のチームと戦って勝てたことがうれしく思いました、課題は山積みで指導者として一つずつクリアーする楽しみがあって返ってやりがいがあるかなーとも思います。冬の選手権には当然間に合うレベルではありませんが、6年生まで長く見るのも監督かなー?と感じます。コーチは大変でしょうが、むしろこれから1年間の子供の伸び代が重要と思います。枯葉のように宙を舞っているのではなく大地に根を下ろしたようなプレーを全員が出来るようになることを期待しています  

4年生県央大会

 投稿者:バガボンドメール  投稿日:2010年10月18日(月)21時53分1秒
  相手の速さに自分達のサッカーが出来ていないことが感じました。
速さの面で負けるのは3年生との混合チームであり致し方ないのですが、普段練習でやっていることが出来なかったことが気になった試合でした。ボールを簡単に奪われるとか、最初の動き出しに遅れるとか、肝心なときにキックが不正確とかいろいろな要因があっての敗北で
ある程度予想はされていたことですが、チームの状況が明確になったことが県央出場の成果と思っています。これから5年生の県央大会が始まりますが5年生は
4年生とは周囲の期待度が異なり同じ成績では納得が得られない状況と
感じます。相手チームは4年生までの柳橋を当然知っている状況でそれ以降の上達度合いを観られる大会です。チーム全体の指導の仕方も問われますが。プレッシャーに負けず最大限の力を発揮し、柳橋の歴史を作っていくよう頑張ってもらいたいと思います。
 

県選抜大会

 投稿者:バガボンドメール  投稿日:2010年 7月26日(月)22時20分35秒
  大和選抜全敗で終了しました
今年の大和のレベルが低いのかどうかは知りませんが
過去に例のない成績で終了。
 

部員勧誘

 投稿者:バガボンドメール  投稿日:2010年 6月27日(日)21時22分2秒
  本日、柳橋小学校の子供が「試合があるから観に来た」と言って、4人で片隅に座って観ていました。勧誘の機会なので3、4年生の練習に一緒に入れてもらい遊んでもらいました、
子供達はサッカーやりたくて観にきたようで、一緒にゲームして楽しんでもらいましたが、部員登録には親の壁があるようです。部員外の親は未だに引率当番があると思っているみたいで、勧誘のビラも徹底しているとは思えない感じです。2~3年生の3名の子供は鍛えれば十分活躍しそうな子供でしたので、自分で観たいといってやる気のある子供は逃さないようチーム一丸になって勧誘しましょう。
 

審判について

 投稿者:バガボンドメール  投稿日:2010年 6月27日(日)21時11分2秒
  3年生大会のレフェリングは最悪だと思います、4年生大会でのPKも(隣のコートの主審の笛と勘違いしてハンドリングの反則)主審及び線審のゲームコントロールというか無知といったほうが良い対応で、偶然にも柳橋の守備側は同じ線審でした。子供が明らかに勘違いしたとか、倒れている場合にはゲームを中断するのが普通の審判。前回の少年委員会でも全国大会の予選での審判のレベルの低さが県の委員会で取り上げられたと報告がありましたので、市内だけの問題ではないと思います。チームとして考えなければならないのは、チーム内の審判のレベルアップです。練習試合を多くして、公式戦では問題にならないように我々も普段から対応すべきと思います。当チームの審判が相手チームからの批判にさらされないよう我々としても考える必要がありますので、これを契機に審判の技術向上策を学年ごとに考えてください。  

3年生大会

 投稿者:ミドリマキバオー  投稿日:2010年 6月23日(水)22時59分49秒
   私もベンチで試合を見ていて、その時は「主審、試合を止めてよ」と思いまし
たし、また、試合後の納得感もありませんでした(父母の方たちも同感と思いま
す)。
 相手選手の骨折の状態が尋常ではなかったようで、勇馬、七海斗がその場を離
れられなかったのも頷けますし、人としての行動は間違っていないので、それに
対して子どもにどうこうは言えません(言うべきでもありませんし、子どもに対
して、「間違っていなかったよ」と言ってあげたことは正しいと思います)。
 審判に対してですが、その時は感情的になっていて怒りを覚えましたが、後で
冷静に考えてみると、主審があの時点で、即試合を止められたか(副審も反対サ
イドでしたし)というとちょっとわかりません。相手のチャンスでもあったし、
主審は選手が倒れていたことには気づいていたと思いますが、それ程ひどい状況
とは感じられなかったのかも知れません。審判を責めすぎるのは酷かなとも思い
ます。
 自分が指導者としてベンチにいる時、審判をする時の対応に対していろいろと
考えさせられる試合でした。

PS.ピッチに入ってきたお母さんの青ざめた顔を見た時はとても胸が痛みまし
たし、同点に追いついて喜ぶ相手選手を見たときはちょっと悲しかったな。
 

考えさせられる試合

 投稿者:団長  投稿日:2010年 6月23日(水)00時42分12秒
  崎コーチのコメントに対して

怪我をしている選手を気遣った勇馬と七海斗に対し、プレーの続行を
指示しなかったのは良かったと思います。

試合には負けましたが、子供達に教えることはサッカーだけでは
ないので、あの状況下でとっさの判断ができたのは凄いと思います。

小学生はサッカーが上手になるのもいいのですが、まず相手をいたわる
気持ちを持つ事の方が大事ではないでしょうか。

本部でも話題になり、勇馬の相手を気遣った行動に対してはグリーンカードに
値するとの意見もありました。

しかし、勇馬にとっても何気ないプレー(ファール??)が思わぬ事故を起こして
しまい事の重大さにビックリしたのではないでしょうか。PK戦の時のキーパーでも

何か気が入ってないように見えたので、怪我の事を引きずってたのではないのかな。
勇馬が今回の事から何かを学んでもらったらいいのですが。

一番まずいのは審判の対応ではないでしょうか。あの時は、倒れている
子供の様子を見るのが審判としてやるべき事ではないでしょうか。

怪我をしたのは残念ですが、審判の対応が良かったらあんなに後味が
悪い試合にならなくて良かったのではないかと思います。

柳橋の審判にも思いやりを持ったジャッジができるようになって貰いたいと、
思いますので、スタッフ会議の時にでも話し合いたいと思います。

考えさせられる試合でした。
お疲れ様でした。
 

レンタル掲示板
/26