teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「樋口一葉恋の和歌」

 投稿者:管理人板坂  投稿日:2013年 3月15日(金)23時06分56秒
  幸田さん、11月のオペラ、楽しみですね。
山梨の近くの皆さん、ゼミ、行って見て下さい!
 
 

ひとりオペラ「樋口一葉恋の和歌」出演のお知らせです!

 投稿者:こうた  投稿日:2012年10月22日(月)18時14分3秒
  板坂ゼミのみな様お久しぶりです!
2005年度卒業生の幸田です。
先生にお許しをいただいたので、こちらに舞台出演のお知らせをさせて頂きます。

実は、「ニュース専修」にも取り上げていただいたのですが、
ゼミ生時代に『オペラ八犬伝』の制作でご一緒させて頂いた
作曲家の仙道作三先生のオペラ作品に朗読者として出演させて頂くことになりました。
今年は樋口一葉さんの生誕140周年。
そのメモリアルで来月、11月23日(一葉さんの命日)にゆかりの地山梨で開催される入場無料のオペラです。
会場は甲府と少し遠いですが、ちょうど紅葉も見ごろの季節。
もし良かったらご旅行がてらいかがでしょうか(^^)?

日時:2012年11月23日(金) 13時半開演(上演時間90分程度予定)
場所:山梨県立文学館 講堂

出演:山口佳子(ソプラノ)
    幸田尚恵(朗読)
    牧野裕史(ピアノ)
    斉藤裕子(パーカッション)

    仙道作三(台本・作曲・指揮・演出)


入場無料 定員500名 (要申し込み)

お申し込みは電話またはFAX(氏名・連絡先明記)で
山梨県立文学館(TEL:055-235-8080/FAX:055-226-9032)

樋口一葉さんの半生を日記と和歌で綴った作品。
私は主に日記の部分を朗読させて頂きます。
24歳という若さでこの世を去った一葉さんの
生きた証となる言葉を、歌に込められた魂を
届けられるよう心を込めて朗読させて頂きます!
ぜひよろしくお願いします。

いきなり告知の書き込みで失礼いたしました(^^;)
先生、いつも応援してくださって本当にありがとうございます。
落ち着いたら大学にお邪魔させて頂きますね!










http://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/info/situmon.html

 

ご返事ありがとうございます。

 投稿者:  投稿日:2012年 6月11日(月)11時56分48秒
  >活字版でしたら、博文館から明治期に出した『続帝国文庫 26編』中に入っています。

明治期ですか(^^)
閲覧するにも、なかなかハードルは高そうだ。

>変体仮名が読めれば、活字よりも早いんですが、なかなか馴れるまでが大変かも…ですね。

そもそもは変体仮名読みから入った趣味なので、こつこつ自分でやってみようと思います。
ありがとうございました。
 

慶様へ

 投稿者:管理人A  投稿日:2012年 6月10日(日)23時37分51秒
  慶様、返信が本当に遅くなってしまい、すみませんm(._.)m『傾城水滸伝』ですね、活字版でしたら、博文館から明治期に出した『続帝国文庫 26編』中に入っています。全部かどうか分かりませんが、見てみて下さい。変体仮名が読めれば、活字よりも早いんですが、なかなか馴れるまでが大変かも…ですね。(仮名が多いので、それほど難しくもないのです)あまりに遅いレスでお役に立たないかも…。すみません。  

いつでもどうぞ!

 投稿者:管理人A  投稿日:2012年 6月10日(日)23時32分49秒
  牛島さんへ こちらに来る機会があれば、研究室、来て下さい!ただ、留守が多いので、事前に問い合わせて下さいね。キャビンでケーキを食べましょう!  

(無題)

 投稿者:管理人A  投稿日:2012年 6月10日(日)23時31分42秒
  安田君、反応が鈍くてすみません。そうですか…、今は大学生なんですね。大コンパはなくなりましたが、研究室はいつでも歓迎です。ただけっこう留守も多いので、事前に問い合わせ下さい。大学生生活、ガンバレ!  

お久しぶりです

 投稿者:S.YASUDA  投稿日:2012年 5月30日(水)12時38分3秒
  08年度卒業の安田です。
板坂先生、お元気でしょうか?

僕はこの春、一大決心の上、会社を辞め、今名古屋の大学に通っております。

26歳での1人暮らしに孤軍奮闘の日々ですが、意外と楽しんでるかもしれません。

もし開催されるのであれば、今年は大コンパに参加しようと思っております。
都合があえば、研究室にも…。
 

お久しぶりです♪

 投稿者:ウシジマ  投稿日:2012年 5月 7日(月)03時39分14秒
  2006年度卒業のウシジマです。板坂先生お元気でしょうか?今週東京に遊びに行く事が
あり、専修大学に行ってみようかと思い、掲示板を覗いてみました。
私は今地元の福岡で働いております☆なにかと忙しい毎日ですが、何とか元気にやって
おります。もし大学に遊びに行きましたら、先生のお部屋に行ってみますね♪
 

失礼しました

 投稿者:  投稿日:2012年 3月19日(月)09時39分54秒
  書いてから気づきましたが
掲示板の趣旨に合ってない書き込みをしておりますので
削除していただいてもかまいません。
 

お聞きしてもいいですか?

 投稿者:  投稿日:2012年 3月14日(水)11時50分6秒
  東京に住む会社員です。
変体かな読みに興味を持って、底本と言われるものを図書館で借りて
少しづつ読んでいます。
河出出版から出ている「傾城水滸伝(曲亭馬琴)」が
二巻までしか出ていなく、その先が読みたいと思っているのですが
ネット検索しても出版された形跡はなく
何か方法はないかと思っております。

やはり底本はないのでしょうか。

ネット検索すると早稲田大学の古書DBがヒット。
http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he13/he13_03087/
思いのほか綺麗なデータなので独学で読んでみたいと思いつつ
やはり無謀なことかなと。

もし底本などがあったら途方もない無駄作業になるので
ご存じないかと。

もし、ご存知であればお教えいただけると助かります。
 

レンタル掲示板
/5