teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


もうかってるかい?

 投稿者:モモパパ  投稿日:2014年 1月26日(日)14時02分14秒
  元気でやってますか。ブログ一昨年から
そのままなので安否が心配です。
 
 

(無題)

 投稿者:tadano  投稿日:2012年 6月 7日(木)23時49分28秒
  今超円高なので、私はショップUSAというところから砥石をいつもを輸入代行してもらっています。国内で買うより2~3割は安いですね。他にも見積もってもらうと安く手に入りますよ。  

青砥

 投稿者:もり  投稿日:2012年 4月14日(土)22時40分47秒
  先日たまたま入った荒物やさんで購入いたしました 青砥 です。茨城の岩瀬産のものです。
以前から茨城でも青砥が採れていたという話を聞いていたのですがこの業界に入り一度も使ったことも見たこともないのでたまに探していたのですが、やっと手に入りました。価格は3000円。サイズは二丁掛け位です。研ぎ感じはやっぱり柔らかいです。めは細かいので普段使いの包丁用って感じです。仕事としても切れ止んだ時に使えるとは思います。
 お店の方もかなり久しぶりに売れたと見えて金額はおろか在庫数も保管状況も管理できてなくいくつかは風化しつつあったみたいです(^_^;)・・・。
 徐々に便利な世の中になっていきますが消えてゆく道具や資源、そして伝統や文化物を探すようになってから顕著に感じます。
 

 投稿者:もり  投稿日:2012年 1月30日(月)20時45分43秒
  今年も結構すぎてしまいました。気づけば一月ももう終わりでした(^_^;)
吉川棟梁の現場も造作が始まっております。毎日勉強させていただいております。
 こちらもこないだまでの加工で削っておいた施主様所有の欅盤です。長さ9尺幅2尺厚み4寸5分と長さ6尺幅3尺厚み4寸です。挽きなおししたため平面も出ており鉋で横ずりしそのまま仕上げられました。ものもかなり古いものらしいですが比較的おとなしめの目のため鉋もかけやすいです。ぐるぐるまきの部分はさすがに食い込みが違うため平治さんの鉋で行かせていただきました。
 他にも少し削らせていただきました。今現場での取り付けが始まったものもありますので写真が撮れて機会がありましたらアップしたいと思います。この欅の9尺のものは敷台となっております。床材もまたこれに負けないような迫力のものです。迷惑を知りつつ勉強させていただいております(^^ゞ。
 

 投稿者:もり  投稿日:2011年12月 9日(金)20時35分37秒
  こちらも加工中の ブビンガ板 です。幅1尺7寸程度、厚み1寸2分、長さ1間ものと2間ものそれぞれ2枚ずつです。施主さんの買い置き品でかなりの乾燥状態、ゆがみは殆ど無く吸い付きで平面はほぼ出ます。が、カラカラというかカチカチというか(^_^;)ものすごく堅い木です。横擦りである程度平面だししたのですが鋸痕を取るだけで挫けてしまいそうでした(T_T)。仕上は蝋引きとするそうですので平面だし後はペーパー磨きとさせていただきました。もっとも鉋で仕上られる自信がありませんでした(T_T)。平治さんの鉋4丁使いまわして3回位砥ぎまわせば一枚仕上がる位だと思います。時間がかかりすぎます(T_T)甘切れのものは刃がたちませんでした・・・腕でしょうけど。そんなこんなで腕がパンパンになりながら板と奮闘させて頂いています(*^_^*)。
 

 投稿者:もり  投稿日:2011年12月 4日(日)19時59分36秒
  この木何の木?と言いたくなります(^^)。正解は桑です。
吉川棟梁の現場にて床材とするため加工が始まりました。厚みは1寸程度、長さ6尺の幅1尺前後を敷きます。欅材も使う為加工中です。
 桑材もカラカラ状態で非常に硬くなっております。電気カンナでは万が一のとき補修する自信がないので荒仕こから手で。最近揃いました砥石で裏も筋無く(なるべく)仕上げ裏をかなり効かせても一枚仕上げ終わる前に夏目部分に逆目か白く出てしまいます(^_^;)。全身真っ黄色になりながら貴重な体験をさせて頂いています(*^_^*)。
 

切り出し

 投稿者:もり  投稿日:2011年10月 8日(土)20時58分55秒
  今回もう一ネタ(^^)。現場近くで購入した切り出しです。柄は現場の落としの吉野桧で作りました。昔の切り出しと同じ七分ですが、少し大きめに仕込みました。
 どちらも安売り品ですが仕込が楽しいですよ(^_^)。切り出しや刳り小も砥いで綺麗に仕込むとまた良い物ですよね(*^_^*)。
 

職人

 投稿者:もり  投稿日:2011年10月 8日(土)20時10分26秒
  吉川棟梁のもと新しい現場が始まりました。夏の暑い中のきざみを終え先月無事建て方も迎え今屋根工事と加工に入っています。平屋の数寄屋風の住宅です。各部材の木取り拵え、仕掛け、各部材ごとの強度を常に考える一部材でも住宅の構造を強固にする。この世界は深いです(^_^;)。安全は数字で本当に表せるのでしょうか。技と言うのは技術だけを指すのでしょうか。昔の職人には技術と共に自然界に対する知識と第6感的な危機感がありました。最近想定外という言葉が流行っています。現代の日本人の想定が固定概念の枠の範囲に納まり自分勝手な想定を勝手に基準値にしてしまっている。そんなことないでしょうか?。広い視野になって自分を見てみて今の自分の姿がどんなものか考える。心がけようと思います(@_@;)。

 

本桧

 投稿者:もり  投稿日:2011年 9月22日(木)20時28分31秒
  今回は木曾桧を使って麺棒を作ってみました。以前戴いた木曾桧ですが非常に目積みで目通り良く削ると桧の香りに甘い香りが交わりとても良い香りがします(^^)。木自体に脂気があり素地仕上げでも良いかと思いましたが今後のバリエーションのためマルタの純正荏油を使ってみました。100パーセント植物油で結構塗りやすく思います。自然の色そのままに仕上がり他の素材にも使ってみます(*^_^*)。
 

トロワフレーシュ

 投稿者:もり  投稿日:2011年 7月24日(日)20時09分22秒
  今回少し写真を撮らせていただきましたのでちょっと見てください(*^_^*)。
デザインから設計計画まで全部吉川棟梁のものです。建物の条件等の制約、セラーの設計等の苦労があられたようです。本当に選りすぐりの食材を提供するレストランだけに、室空間もそれに見合う環境にあると思います。入ると感覚的に本物の質感を実感できる。それだけ本物の出す存在感は大きいと思います。
 

レンタル掲示板
/15