teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


かぐらスキー場

 投稿者:  投稿日:2018年 2月19日(月)10時40分59秒
  16,17日に3人のメンバーでかぐらスキー場に行ってきた。2人は久々のスキーだったが、身体が覚えていて、みつまた、かぐら、田代の3つのスキー場のほぼ全コースを難なく滑ることができた。
初日は久々の晴天だとかでフワフワの新雪で、雄大な雪山の展望を楽しめ、ゲレンデを飛び出して誰もいない広大な斜面やブナ帯の林間を滑降するバックカントリーも体験した。2日目は数時間で30センチ以上も積もる風雪の天気で寒さに震えたが、降りたての新雪を楽しめた。
1800mまで登れる「かぐら第5リフト」は稼働しており、かぐら峰に登るトレースはしっかりついていたが、入り口にパトロールがいてビーコンをチェックし持っていない人は登らせないようにしていた。帰途3人で、来季からはスキー計画を恒例化しようと話し合った。
写真はかぐらスキー場からの谷川連峰(平標山から谷川岳)と第5リフトしたのバックカントリー体験。
 
 

御岳山から大岳山経由の奥多摩駅

 投稿者:よっちゃん  投稿日:2017年12月30日(土)15時32分5秒
  おいらの、ホーム山で、今年の登り納めです。天気よかよか?富士山見ながらの歩きに。氷の華も、咲いてる

本年も、いい山に行きました

来年も、よかよか?いい山に行きますよ!
 

三ッ峠は中止

 投稿者:  投稿日:2017年10月27日(金)12時40分0秒
  28日は突然発生した台風22号の影響で雨になりそうなので、公募山行は中止することにしました。そこで、応募してくれた人を対象に11月の18日か25日にハイキングを計画しますので、会員の皆さんも都合がついたら参加してください。場所とか日程はそのうち決めます。
 

都立水元公園walking

 投稿者:  投稿日:2017年10月12日(木)19時30分11秒
  10月12日(木)
 自宅から水元公園へウォーキングしてきた

 自宅(25)内溜(10)公園正門(30)瑞正寺(25)釣仙郷口(17)金魚飼育施設(14)小合溜(15)売店(30)自宅
 歩行2時間45分

 遅い朝食後、なんとなく歩行訓練したいと思い水元公園へ行った。途中に元カノが眠っている瑞正寺へ墓参りでもしようと思い墓地に入ると、何か思い出すものを感じたのだが、何と!元カノの命日だった。
 自宅を出た時も、ウォーキングが始まっても全く覚えが無かったのは偶然なのだろうか
 平成26年10月12日没 享年51歳 大垣幸子

 夏と思われるような秋晴れの一日の出来事だった
 

今がみどころ東北の紅葉

 投稿者:よっちゃん  投稿日:2017年10月 8日(日)20時01分28秒
  一切経山、吾妻小富士、磐梯山を、1日で、3座登りゲットです。浄土平に夜中に付き、早朝から、吾妻小富士の、外輪山まわり、そこから、一切経山の、魔女の瞳目指して歩き、紅葉が、よかよかです。すっきり晴れ渡り、青空と、瞳のブルーの色がスゴすぎる。湿原回り下山したら、浄土平の、駐車場まちが長蛇の列。車で、移動して、八方台登山口から、磐梯山に昼過ぎからの登山、夕方には、間に合うからと、磐梯山登り、ここも、紅葉がめちゃよかよか?紅葉を堪能したハードな歩きでした。  

平ヶ岳に行って来ました

 投稿者:こう  投稿日:2017年10月 7日(土)21時01分6秒
  天気予報は雨でしたが、幸いに予報は外れて晴れてました。しかしガスで見晴らしは余りありませんでした。紅葉はかなりきています  

燧裏林道から会津駒ヶ岳

 投稿者:よっちゃん  投稿日:2017年10月 2日(月)14時46分30秒
  ちょいと、早い紅葉でしたが、燧裏林道から三条の滝を歩き御池ロッジで泊まり、翌朝バスで、会津駒ヶ岳登山口に、いきなり急登りはじまり、延々と登りがきつい、酒と食材がザックのずしりと肩にきてるから、脚が上がらない。駒の小屋がやっとこさ見えて会津駒ヶ岳山頂から中門岳の木道歩きは、天空の湿原歩きで、最高でした。駒の小屋では、持ち寄った食材と酒で、いろんな人と宴会で楽しかった。色づく紅葉が、よかよかでした(笑)
 

巻機山米子沢2

 投稿者:くま  投稿日:2017年 9月19日(火)20時44分35秒
  9/16米子沢はルートファインディングの難しい沢でした。
今回は私の体調が悪くなり途中撤退でしたが、次回は万全にして登ってみたいと思います。
 

巻機山米子沢

 投稿者:  投稿日:2017年 9月17日(日)14時53分42秒
  16日に4人のメンバーで米子沢を登る。スケールが大きく素晴らしかったが、水量が多くて渡渉やへつり、滝のクライム、高巻に時間がかかった。最終的には1250m付近の滝がシャワークライミングになり登れなくて高巻を試みるが、時間的に限界と判断して、そこから引き返すことにした。沢の下りは登りよりも難しくて、特に雪崩で磨かれたスラブでは滑って何回も転んだ。2枚の写真は遡行模様の一部。最後の写真はシャワークライミングを試みた最後の滝  

雲取山

 投稿者:ちゃた  投稿日:2017年 9月12日(火)12時19分31秒
  今年は行かねば「雲取山」と思い立ち、9日(土曜日)に行ってきました。鴨沢からのピストン。
登山口の駐車場は車であふれていましたが、滑り込みでセーフ。
登山道は歩きやすくてルンルン気分。よちゃんさんとニアミスしてたのかな?
土曜日だからか縦走組が目立ちましたね。次回は縦走してみたいな。

 

雲取山

 投稿者:よっちゃん  投稿日:2017年 9月10日(日)20時19分34秒
  2017年の山。2017メートルの、雲取山に行って来ましたょ。天気よくよかよかでした。雲取山荘では、相変わらずのハンバーグ夕飯だったけど、相部屋仲間と呑み談義で、面白く、いい仲間と楽しめました(笑)  

前穂奥穂縦走

 投稿者:LL  投稿日:2017年 9月 8日(金)12時09分32秒
  いやー疲れました。ハイライトは何といっても2日目の岳沢小屋ー穂高岳山荘でした。
重太郎新道大変でした。はしごや鎖が連続することは特に問題はありませんが、急登が休みなく続き体力が奪われます。紀美子平から空身で前穂を上ったころには高山病の症状が出始め、その後はだるくきつい時間を過ごしました。ただ、天気は申し分なく槍穂連峰、常念燕岳など絶景でした。
3日目は終始雨で視界と足元が悪い中での下りも大変でした。横尾から上高地の11キロでもう満腹。徳沢園のソフトクリームはしみましたね。
写真1は重太郎新道から見た、焼岳と乗鞍岳
写真2は前穂頂上から見た奥穂とジャンダルム
写真3は前穂から槍の眺望です。
 

前穂高岳、奥穂高岳その2

 投稿者:ほつ  投稿日:2017年 9月 7日(木)21時51分37秒
  写真4、吊尾根から涸沢小屋、正面常念岳連峰
写真5、吊尾根後半
写真6、奥穂高岳山頂
 

前穂高岳、奥穂岳その1

 投稿者:ほつ  投稿日:2017年 9月 7日(木)21時47分37秒
  2014年常念連峰縦走して、対岸の穂高連峰に魅了され、次回登ろうと思い立ってから3年目にやっと向かうことが出来ました。今まで天候不順のため断念してましたが、今年も計画準備して、天候不順のため4回目の変更で今年もダメかなと思いましたが、何とか行くことが出来ました。
上高地から岳沢小屋ー重太郎新道―紀美子平ー前穂高岳ー吊尾根ー奥穂高岳-穂高岳山荘ーザイテングラートー涸沢-本谷橋ー横尾ー徳沢ー明神ー上高地
というルート、歩行時間、初日4時間、2日目10時間、3日目9時間
思いのほかハード、急速に高度を上げるので高山病問題、脚力体力の低下に6日間のトレーニングも及びませんでした。
写真1、上高地河童橋付近からほぼ中央に前穂高岳、左に奥穂高岳
写真2、前穂高岳山頂
写真3、紀美子平から吊尾根経て奥穂高岳
 

ノルウエートレッキング

 投稿者:なお代理  投稿日:2017年 9月 7日(木)19時38分35秒
  代理で画像を添付します
①雄一の縦走路ベッセゲン尾根を標高が400m違う湖を見ながら岩稜を下る。②分水嶺ライルバスブー付近の湖畔(1400m)のワタスゲ群落、③広大なビス谷の下りにて
 

快気祝

 投稿者:くま  投稿日:2017年 9月 6日(水)21時59分27秒
  ℃さんが快気しました。おめでとう!!  

北アルプス表銀座

 投稿者:よっちゃん  投稿日:2017年 9月 6日(水)19時54分31秒
  表銀座ルートを行きたくて、中房温泉から燕岳に、合戦小屋で、名物のスイカを、塩分水分補給して、合戦尾根を、ガシガシ登り、富士山からの、1.2.3座を見て右の稜線には槍ヶ岳から大天井岳!いい稜線が見えて、よかよかです。燕岳が見えて足運びも、燕岳からの北アルプスが抜群の眺めです。燕山荘で、祝杯メガジョッキびーる呑み最高潮(笑)しかし、翌日は、雨で、やむなく燕岳からの下山でした。次回にチャレンジャーします。  

赤水沢 その3

 投稿者:RYO  投稿日:2017年 9月 6日(水)00時33分21秒
  大満足の大人の休日デビューin秋田(秋田駒ケ岳・桃洞沢-赤水沢・森吉山)
台風が近づいていましたが停滞してくれ(小笠原の方ごめんなさい)雨にも会わず。。ホッ!
メインの沢は沢山の大きな滝があり不安いっぱいでしたが無事大自然を感じながら楽しく歩いてくることができました!
桃洞沢は大きなナメに大小の滝をおう穴に注意しながら進んでいくとだんだん小さな沢になり沢山の倒木が沢をふさいで、
くぐったりまたいだりも有り。。。赤水沢への下りは懸垂下降を何度も繰り返しました。
初めての懸垂下降はドキドキするも回数を重ねると楽しくなってきました!滝上からの景色にも感激。。。
赤水沢は穏やかなナメな沢散歩道のようでした、魚も発見!ところどころの深みを気をつけながら。。。
写真上:桃洞滝
写真下:ウサギ滝の上からの景色
 

赤水沢 その2

 投稿者:レイ  投稿日:2017年 9月 3日(日)18時04分1秒
  お天気が危ぶまれる中、3日間とも雨にあわず、本当にラッキーな山行となりました。
雄大なナメは想像以上にすごかった!
イワナと一緒にじゃぶじゃぶし、最後のツメの藪こぎもなく、良いことづくしの沢でしたぁ~。
国民宿舎森吉山荘の温泉、よかったです
写真は秋田駒ヶ岳!
 

赤水沢

 投稿者:くま  投稿日:2017年 9月 3日(日)17時50分56秒
  9/1-3で秋田県に行って来ました。
2日には奥森吉の赤水沢を桃洞滝から兎滝まで一周
滝の登り下りやへつり、下りでは長い懸垂下降も楽しんで来ました。
赤水沢は全てが一枚岩のナメで、ずっとその中を歩けるという素晴らしい沢で感動しました。

 

レンタル掲示板
/50