teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/213 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アルミホイルの裏表

 投稿者:ミナガワメール  投稿日:2007年 5月14日(月)12時47分50秒
  通報
  料理などに使うロール状のアルミホイル(アルミ箔)、よく観察するとツルツルピカピカな面とくすんでザラザラしているように見える面がある。面によって見た目が違うということはもしかして表や裏がある!?

この違いは製造上の工程で生まれるもの。アルミホイルはアルミ板を熱してローラーの間を通し、厚さ0.2mm~0.006mmになるまで圧延して作られる。この際、薄くしやすいように2枚重ねて延ばすため、ローラーと接する外側がピカピカに、もう1枚のアルミと接する内側がくすんだ様になるである。

ピカピカの面を「つや面」や「ブライト(bright)面」、くすんだ面を「けし面」や「マット(mat)面」と呼ぶものの、裏表というのは決まってない。普通に使う限りは特に性能に違いはなくどちらを使っても良い。つや面の方がキレイだから見える側にするとかいう程度の話。

http://www.jubako.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/213 《前のページ | 次のページ》
/213